FC2ブログ
おやねこ太郎!健康ダイエットのいい話!
スポーツダイエットの豆知識!      美肌効果・ダイエットに良いサプリメントの紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォーキングの効能
脳を活性化

  人間が走ったり、歩いたりすると、脳が体を動かすことを指令し、手足を
 曲げたり伸ばしたり、さまざまな動きを微妙にコントロールしています。

  ウォーキングを10分~20分と続けると、気分が爽快になります。
 これは運動によって血流量が増加し、脳細胞に十分な酸素が送り込まれ、
 脳を活性化されるからです。

  ウォーキングには脳細胞を活性化し、頭をスッキリとさせる効果がありま す。

ボケ防止にも!

  年を取ってくると物忘れがひどくなるということがありますが、これは人 間の加齢にともなう、生理的な現象として避けられない面があります。
 
  しかし、ボケの進行を遅らせたり、あるいは結果的に促進させてしまうの も本人の日常生活のすごし方によると思います。

  老化は足からとよく言われますが、同時に脳の老化にもつながります。
 毎日、テレビを見てゴロゴロ寝てばかりの生活をして、体を動かさなければ 脳への酸素供給が少なくなり、脳の血流量は減少します。脳の血流量を増加 させ新陳代謝を活発にすることは脳の老化にブレーキをかけることになりま す。

  無理のないウォーキングは、こうした面でも効果があります。  
肝臓にもよい

  肝臓は栄養素の分解や、合成といった代謝と解毒の役割を担っています。

  肝臓に障害が起きると、他の臓器の働きにも波及し、いろいろな症状が出 て、からだ全体に影響をおよびます。

  ふだんあまり歩くことの少ない人は積極的にウォーキングを取り入れるこ とで肝臓を健康的な状態に保つことができます。
 
 また毎日のウォーキングは余分な脂肪を取るのに役立ち、脂肪肝の治療に最 適な運動です。

糖尿病にもウォーキングが最適

  糖尿病になる典型的なパターン

   食べすぎ・飲みすぎ → 運動不足 → 肥満 → 糖尿病
  糖尿病はすい臓でつくられるインスリンが不足したり、その作用が防げら れて、血糖が異常に増加する病気です。

  飽食と運動不足はからだにさまざまな悪影響をおよぼします。肥満・
 高血圧・高脂血症などの症状を持つ人は特に注意が必要です。

  運動は糖・脂質代謝の改善をもたらし、からだの余分な脂肪を減少させま す。せの点、ウォーキングはもっとも適した運動といえます。

 他にも便秘・ストレス解消不眠症・動脈硬化を防ぎ血圧を安定させる効果
 があります。

  体が元気だと家族の会話もはずみ家庭内もあかるくなります
スポンサーサイト

テーマ:ブログはじめました。 - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oyaneko8823.blog64.fc2.com/tb.php/2-c93329ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。